独ルフトハンザは15日、ドイツ国内の8つの主要空港で警備員の労働組合が賃上げを求めるストライキを実施したため、3分の1のフライトを欠航した。約1300の定期便のうち、約500を欠航。同日、米ブルームバーグ通信などが報じた。