1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
  • タイ政府、バンコクの空港に新滑走路を増設

    タイ政府は210億バーツ(約740億円)を投じ、バンコクにあるスワンナプーム空港に新しい滑走路を建設する。1時間に発着できる航空機を63機から94機に増やし、過密化による遅延を防ぐ考えだ。新滑走路は2021年にも完成する予定。17日バンコク・ポストが報じた。

    2019.04.19 14:00
  • 運行停止の印ジェットエア、銀行団が発着枠の維持を政府に要請

    経営難で運航の全面停止を迫られているインド航空大手ジェット・エアウェイズについて、足元で支援先を募っている銀行団は運行停止により政府が主要空港の発着枠を取り上げないよう求めている。一方、スパイスジェットやエアアジア・インディアなど競合は好機とみており、ジェットエアの発着枠で自社便を飛ばす準備を進めている。19日、ビジネス・スタンダードなどが報じている。

    2019.04.19 13:30
  • 大統領選受けインドネシアの株式相場が上昇

    17日に実施されたインドネシア大統領選挙の結果を受けて、18日のインドネシア証券市場ではジャカルタ総合指数が2018年1月以来の高値を記録した。選挙結果の速報によれば、改革路線を掲げる現職のジョコ氏が引き続き大統領として国を率いる公算が大きい。スターオンラインは18日、ジョコ氏続投により政策金利の低下や民間部門の成長が期待できるとの専門家の見方を報じている。

    2019.04.19 13:00
  • シンガポール当局、水処理大手の淡水化施設を接収

    シンガポール当局は経営難に陥っている水処理大手、ハイフラックスの海水淡水化施設を無償で接収すると発表した。30日後に実施する。ハイフラックスは裁判所に債務の支払い猶予を申請しているが、同様に30日後に期限が迫る。新たなスポンサー探しが急務となっている。

    2019.04.18 14:00
  • シンガポール大手銀、中国で事業提携相手を模索

    シンガポールの大手銀、オーバーシー・チャイニーズ銀行は中国本土で証券分野の合弁会社設立に動いており、事業提携のパートナーを模索している。中国は金融市場の開放に動いており、既に多くの各国大手銀が合弁会社を設立して進出しているという。17日、スターオンラインが報じた。

    2019.04.18 13:05
  • 日本ペイント、豪州大手を買収

    日本ペイントホールディングスは17日、オーストラリア塗料最大手のDuluxGroupを約3000億円で買収すると発表した。中国アジア地域に加え、今回の買収により安定成長が見込める太平洋市場にも進出し、収益基盤を拡大する。

    2019.04.18 13:00
  • 印ジェットエア、業務停止の危機

    資金難に直面し、燃料費などの支払いが滞っているインドの航空大手ジェト・エアウェイズの経営陣は、金融機関による緊急融資が実現しなければ業務を一時停止する考えを示した。16日、タイムズ・オブ・インディアが報じた。

    2019.04.17 13:15
  • 東南アジアの株式市場が上昇

    16日は大半の東南アジア各国の証券市場が高値を記録した。スター・オンラインは中国の景気回復について投資家が楽観視しており、投資家心理が改善した影響で東南アジア市場でも買いが進んだと分析している。

    2019.04.17 13:15
  • インドネシア大統領選始まる

    東南アジアで最大の経済規模を持つインドネシアが17日、5年に1度の大統領選を迎えた。早ければ同日夜にも大勢が判明する。現職のジョコ氏と元国軍幹部のプラボウォ氏が立候補しており、世論調査ではジョコ氏がリードしている。

    2019.04.17 13:10
  • 鴻海、インドでiPhoneを大量生産

    米アップルのiPhoneを製造する鴻海精密工業(ホンハイ)の中国製造子会社フォックスコンは、年内にインドでiPhoneの大量生産に乗り出す。中国で集中生産してきた同社にとって転換点となる。インドでiPhoneの存在感は薄く、現地生産で価格を下げ市場シェアの確保を狙う。15日、ビジネス・スタンダードなどが報じた。

    2019.04.16 09:30
  • タイ政府、鉄道政策を推進する専門部署を新設

    タイ政府は15日、鉄道政策を推進する専門部署を新規に設立した。タイでは高速鉄道計画が数多くあり、今後10年で国内で新設される鉄道の総延長距離は6000キロメートルに上る。同日、バンコク・ポストが報じた。

    2019.04.16 09:00
  • マレーシア、中国との鉄道計画見直し交渉で恩恵

    マレーシアのマハティール首相は、このほど中止から再開に至った中国と協業して取り組む東海岸鉄道の建設について、再交渉によりマレーシアの業者がプロジェクト全体の4割に関わることができるようになったと述べた。さらに中国はマレーシアの主要輸出品目の一つであるパーム油の購入についても検討しているという。15日、スターオンラインが報じた。

    2019.04.16 08:20
  • マレーシアと中国の東海岸鉄道計画 、再開へ

    マレーシア政府は中国との共同事業「東海岸高速鉄道計画」を再開すると発表した。中国の政府系企業との間でコストや計画の縮小について同意した模様だ。スターオンラインなど各紙が報じた。この計画は当初、中国依存からの脱却を図るマハティール首相が中止を決めたが、再び計画が動き出した。

    2019.04.15 16:00
  • 東南アジア最大のKFCチェーン、QSRが上場へ

    マレーシアに本拠を置く、東南アジア最大の「ケンタッキーフライドチキン」「ピザハット」チェーン展開企業、QSRホールディングスは今年中にも同国の証券取引所に新規上場する見通しだ。12日、ブルームバーグが報じた。

    2019.04.15 15:45
  • ベトナムのライドシェアFastGO、ヘリコプターのシェアサービスも展開

    ベトナムのライドシェア・配車サービスのFastGOは今月末にも首都ハノイでヘリコプターのシェアサービスを始める。観光ツアーや高層ビルでの移動などに利用できるという。ベトナム・ニュースが12日伝えた。

    2019.04.15 14:20
  • 電動スクーターのLime、シンガポールに拠点

    電動スクーターのシェアサービスを手がける米国のベンチャー、Limeはシンガポールに地域統括本社を設立した。近くアジア太平洋地域での事業拡大について計画を発表するという。11日、ストレーツ・タイムズなどが報じた。

    2019.04.12 14:30
  • 日本にも拠点置く宇宙ベンチャー、アストロスケールが資金調達

    シンガポールと日本を拠点とする宇宙開発ベンチャーのアストロスケールホールディングスは10日、機関投資家から3000万ドルの資金を調達したと発表した。米国に新しい拠点も開設する。同社は人工衛星を活用して宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する技術を開発している。

    2019.04.12 14:00
  • 日本からベトナムへの投資が堅調

    2019年の日本企業によるベトナムへの投資額は前年を上回りそうだ。製造業が堅調なのに加え、環太平洋経済連携協定(CPTPP)が発効したことも投資の促進へと企業の背中を押しているという。11日、ベトナム・ニュースが報じた。

    2019.04.12 12:50
  • インド国営石油、ジェットエアに対する燃料補給を一時停止

    インド国営石油は10日、資金難に直面している印航空大手ジェット・エアウェイズに対する燃料補給を停止した。10日のロイター通信の報道によれば、ジェットエアのインド国営石油に対する支払いが遅れたためだという。ロイターやタイムズ・オブ・インディアによれば、これまでも複数回に渡ってインド国営石油はジェットエアへの補給を一時的に停止していたという。

    2019.04.11 14:00
  • 楽天、シンガポールのスタートアップに出資

    楽天は10日、シンガポール拠点のスタートアップ企業Ecommerce Enablersに他のファンドとともに合計4500万ドルを出資したと発表した。Ecommerce Enablersはアジア太平洋地域を中心にキャッシュバックサービスのアプリを展開している。スターオンラインによれば、中国のネット通販最大手、アリババ集団などと提携しているという。

    2019.04.11 09:30

その他の支局

あなたにおすすめ

は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
フォロータグ一覧
キャンセル

日経ビジネス語録

どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

筒井 義信 日本生命保険会長