1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
  • 印タタ・グループ、独自のファストファッションブランド展開を加速

    スペインのアパレルメーカー、インディテックスのインドパートナーとしてファストファッションブランド「ZARA」を展開してきたインド最大の複合企業タタ・グループは、子会社を通じ自社アパレルブランドの展開に力を入れている。ZARAの半額で製品を販売する大型店舗を毎年40店舗展開する計画だ。24日、ビジネス・スタンダードが報じた。

    2019.06.25 14:00
  • ファーウェイ、「バックドア」を否定する合意書へのサインをインド政府に提案

    中国の華為技術(ファーウェイ)は自社製品に情報を抜き取る「バックドア(裏口)」が取り付けられていないことを保証するため、インド政府に対し、これを確約する合意書を発行し、サインすることを申し出ている。インドは米国からファーウェイ製品を利用しないよう圧力を受けており、ファーウェイはその対応策として合意書へのサインを働きかけているもようだ。25日、ビジネス・スタンダードが報じた。

    2019.06.25 13:00
  • シンガポールのユニコーンTrax、米国ベンチャーを買収

    シンガポールを拠点に流通・小売業向けデジタルマーケティングサービスを展開するユニコーンベンチャーTraxは、米国でリワードサービスを展開するショップキックを買収する。同社は顧客の店舗やウエブサイトを訪れた顧客に割引クーポンなどを発行している。Trarxはショップキック買収で得たデータを活用し、消費者行動をより精緻に把握する。買収金額は非公表。25日、ストレーツ・タイムズが報じた。Traxはシンガポールでグラブに次ぐベンチャーに成長し、世界各国で有望企業の買収に動いている。

    2019.06.25 12:10
  • ソフトバンクのビジョン・ファンド、インドの製薬・金融大手に大型投資検討

    ソフトバンク傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンドはインドの製薬・金融大手ピラマル・エンタープライジスに10億ドルを出資することを検討しており、投資に先立って実施されるデューデリジェンス(資産査定)が最終段階を迎えている。23日、ビジネス・スタンダードが報じた。

    2019.06.24 12:00
  • タイ、5月の輸出5.8%減少、年間見通しの達成困難か

    タイ商務省が22日発表した5月の輸出は前年同月比5.8%減少した。2年10カ月ぶりの減少幅となった。米中貿易摩擦を背景に中国向けが落ち込んでいる。米国向けは増加したが補えなかった。バンコク・ポストによれば、政府当局は前年比1%増とした今年の輸出見通しの達成が困難になりそうだとの認識を示している。

    2019.06.24 10:00
  • 中国家電大手ハイセンス、タイにエアコン工場を新設

    中国の家電大手ハイセンスは数年内にタイにエアコン工場を設立する。米中貿易摩擦のリスク回避と、東南アジア市場でのシェア拡大が狙い。中国外では6カ所目の生産拠点となる。22日、バンコク・ポストが報じた。米中摩擦の激化により中国企業は相次いで生産拠点の国外移転に動いている。

    2019.06.24 08:15
  • タイのエネルギー大手がEVの開発に進出

    バンコク・ポストは20日、タイのエネルギー大手、エナジー・アブソリュートが独自の電気自動車(EV)を開発し、来年には5000台のEVを製造する計画だと報じた。タイは世界の自動車メーカーが集積しているが、国産の自動車は開発されておらず、同社のEV生産が軌道に乗ればタイの産業にとって大きなターニングポイントになる。

    2019.06.21 15:30
  • ベトナムが中国・韓国産の鋼材にアンチダンピング関税

    ベトナム・ニュースの20日報道によれば、同国政府はこのほど中国と韓国から輸入されるカラー鋼板に対し、35%を上限にアンチダンピング関税を課すことを決めた。25日に発動する。米中貿易摩擦などを背景に、行き場のなくなった鋼材の一部がベトナムに流入。国内産業を圧迫としているとの指摘があり、当局が調査を進めていた。

    2019.06.21 15:00
  • 香港とシンガポール、「世界の金融センター」巡る競争に変化

    ストレート・タイムズは20日、香港で発生した「逃亡犯条例」を巡る大規模デモや混乱は同都市の金融センターとしての地位を低下させ、相対的にシンガポールに企業や投資家、資産家の注目が集まっていると報じた。既に一部の資産家はそのアセットを香港からシンガポールに移しているという。シンガポールも政治的自由や言論は制限されているが、少なくとも主権は確保されているため、中国の統制が強まる香港とは環境が異なると同紙は指摘している。

    2019.06.21 14:30
  • インドネシアのトラベルカ、タイで新サービス

    インドネシアの航空チケット・ホテル予約サイト大手トラベルカは19日、スポーツイベントや遊園地、ワークショップなどを予約したり、食品を購入したりできるサービス「トラベルカ・エクスペリエンス」をタイで展開すると発表した。同じサービスとしては初の国外展開となる。東南アジアで急成長が見込まれるEコマースに対しては、アジア格安航空最大手エアアジア・グループが参入する方針を掲げている。域内全域で顧客獲得を巡る競争が激化しそうだ。

    2019.06.20 14:00
  • 米国がファーウェイ製品に関してインドに警告

    タイムズ・オブ・インディアは19日、米国の装置や部品をファーウェイに輸出しないよう警告する書簡を米国政府がインド政府に送っていたと報じた。関係省庁は対応を協議している。米国はインドにファーウェイ製品を利用しないことも求めているが、同社の技術なしに次世代携帯通信網(5G)を普及させるのは難しく、欧州のノキアやエリクソンの2社だけに依存するにもリスクがあると当局は話している。

    2019.06.20 14:00
  • アジア各国、米アップルのiPhone生産拠点の分散に期待

    米アップルが中国で集中生産しているiPhoneの生産を分散させるとの報道を受け、インドのビジネス・スタンダードやマレーシアのスターオンラインなど報道各社は20日、自国がiPhone生産の拠点になる可能性があると相次いで報じた。特にインドは既にiPhone生産の一部を担っているため、その生産量が増加すると期待している。

    2019.06.20 14:00
  • ドイツの化学大手、シンガポール工場の生産規模を倍増

    ドイツの化学大手エボニック・インダストリーズは5億ユーロ(約600億円)を投じてシンガポールにある動物性飼料の添加物製造工場を拡張した。新工場は18日に稼働している。生産規模は年間15万トンから30万トンに拡大し、同社の全生産規模の約4割を占める。経済成長によりアジア域内の食肉の需要が増加していることが拡張の背景にある。18日、ストレーツ・タイムズが報じた。

    2019.06.19 14:00
  • タイ国営エネルギー大手、中東の油田権益を確保

    タイの国営エネルギー大手PTTグループは17日、6億2200万ドルを投じてオマーンやサウジアラビア、カザフスタンに油田権益を持つPartexホールディングスを買収すると発表した。ポルトガルのカルースト・グルベンキアン財団が保有する株式を買い取る。PTTグループは今年3月にも米マーフィー・オイルからマレーシアの石油・天然ガスの探鉱生産プロジェクトを買収すると発表するなど、海外での権益確保に動いている。

    2019.06.19 13:00
  • 印航空大手ジェットエアが破産

    タイムズ・オブ・インディアなどの18日報道によれば、経営難に陥っているインドの航空大手、ジェット・エアウェイズの銀行団が同社の破産を申し立てることをこのほど決めた。エティハド航空などが支援に名乗りを上げていたが、銀行団は債権放棄してエティハドなどから出資を受け入れるよりも、破産により資産を処分したほうが損失が少ないと判断したようだ。20日にも会社法審判所に破産が申し立てられる見通し。

    2019.06.19 11:00
  • イスラム教徒の観光市場が拡大、タイは観光ルートを開発

    バンコク・ポストは17日、イスラム教徒による観光市場が世界的に急拡大していると報じた。マスターカードなどの調査によれば、2020年に観光客の数は1億6000万人、市場規模は2200億ドルとなり、2026年にはそれぞれ、2億3000万人、3000億ドルに拡大するという。タイはシンガポールに次ぐ人気の渡航先。その需要拡大に応えようと、タイ政府はイスラム観光客の行動を調査し、礼拝所の設置などイスラム教徒のライフスタイルに合った観光インフラの整備を進める計画だ。

    2019.06.18 14:00
  • シンガポールのアルミニウム大手、中国国営ガス企業と提携

    シンガポールのアルミニウム大手で経営不振に陥っているAEIは、LNG(液化天然ガス)事業で中国の国営ガス企業、中能国際ガスと提携する。同社向けにLNGを購入し、両社でLNGのトレーディングや物流事業にも取り組むという。17日、ストレーツ・タイムズが報じた。

    2019.06.18 12:00
  • 東南アジア経済、米中貿易摩擦の影響続く

    ストレーツ・タイムズなどの17日報道によれば、シンガポールの石油を除く5月の輸出額は前年同月比で約16%減少した。中国向けが落ち込んだのが響いた。同様に米中貿易摩擦の煽りを受けて経済成長が鈍化しているタイでは、中央銀行幹部がバンコク・ポストに対し、「米トランプ大統領が再選された場合、米中摩擦が続き、タイがその影響を受け続けるリスクがある」とコメント。タイ経済の先行きに警鐘を鳴らしている。

    2019.06.18 09:00
  • インド政府が米国製品に報復関税

    インド政府は16日から、農産物や化学製品など28品目の米国製品に対する輸入関税を引き上げた。米国が今月に入りインドを特恵関税制度から除外し、さらにインドが輸出する鉄とアルミニウムの関税を引き上げたことに対する報復措置と見られる。16日、CNNなどが報じた。

    2019.06.17 15:00
  • ベトナム通信大手、ライドシェアに参入

    ベトナムの国営携帯通信最大手、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル・グループ)は傘下の郵便企業を通じライドシェア・配車サービスに参入する。スマートフォン向けアプリ「MyGo」を来月をめどに配信する見通しで、足元でドライバーを募っている。四輪車やバイクだけでなく、トラックを活用した配送サービスも手掛ける見通しだ。15日、ベトナム・ニュースが報じた。

    2019.06.17 14:00

その他の支局

あなたにおすすめ

は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
フォロータグ一覧
キャンセル

日経ビジネス語録

どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

筒井 義信 日本生命保険会長