1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
?
  • タイ政府、破綻したタイ国際航空の3.17%の株式を売約、民営化へ

    タイ政府は経営破綻したタイ国際航空の3.17%の株式を政府系ファンドに売却する見通し。これによって政府の保有比率は過半を割り込み、タイ国際航空は国営企業の地位を失うという。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした旅客需要の急減に耐えられず資金繰りに行き詰まった。裁判所の監督のもとで具体的な再建計画を策定する人材の選定が始まっている。21日バンコク・ポストが報じた。

    2020.05.22 13:18
  • 米アマゾン、インドでレストランの料理のデリバリーサービスを展開

    米アマゾン・ドット・コムはインド南部の都市バンガロールでレストランの料理を配達する新しいサービスを展開する。数カ月前からテストを続けており、インドが全土封鎖されて以降、需要が高まったという。ゾマトやスウィギーといったスタートアップ企業が既に同様のサービスを展開しており、アマゾンの進出でネット通販のような厳しい競争がデリバリー分野でも起こりそうだ。21日、タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。

    2020.05.22 13:16
  • マレーシア、ベトナムの株式市場が上昇

    21日の東南アジア株式市場が上昇した。クアラルンプール市場の総合株価指数は3月9日以来の高値をつけ、医療用手袋を製造する世界最大手メーカーの株価は過去最高を更新した。ホーチミン市場も同日以来の高値で引けた。スターオンラインは封鎖措置後の経済回復を期待する姿勢が強まったと指摘している。

    2020.05.22 13:06
  • タイの4月の自動車生産台数、8割減少

    タイ工業連盟が20日に発表した4月の自動車生産台数は2万4711台と、前年同月比83.5%減少した。1987年以降で単月としては最も少ない台数となった。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急減し、完成車メーカーが工場の稼働を一時的に休止したことが主因。

    2020.05.21 11:37
  • インド、25日から国内線を再開

    タイムズ・オブ・インディアなどの報道によれば、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため封鎖措置を続けているインドで、25日にも航空会社の国内線の運行再開が認められる見通しだ。乗客のマスク着用が義務付けられるなど、感染防止策が取られる。

    2020.05.21 11:36
  • タイ中銀が利下げ、過去最低に

    ロイターなどの20日報道によれば、タイ中央銀行は政策金利を過去最低となる0.5%に引き下げると決めた。利下げは昨年8月以来5度目という。タイは新型コロナウイルスの影響が甚大な観光業を主要産業としているため、他のASEAN諸国と比べ経済の落ち込み幅が大きくなる恐れがある。金利引下げにより経済回復を後押しする考え。

    2020.05.21 11:35
  • タイ国際航空が経営破綻

    タイ政府は19日、過半の株式を保有するタイ国際航空について破産法に基づく会社更生手続きを申請することを決定した。経営難が続いていたところに新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけた。政府系航空会社の破綻としては世界初の事例となったと見られる。

    2020.05.20 11:50
  • インド、封鎖期間を延長、感染拡大に歯止めかからず

    インド各紙の報道によれば、同国は新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むための全国的な封鎖措置の期限を5月31日まで延長した。経済活動の緩和は進む見通し。インドは既に1カ月以上に渡り厳しい封鎖措置に取り組んでいるが、累積の感染者数は増加しており18日には10万人を超えた。

    2020.05.20 11:49
  • シンガポール、来月1日に封鎖措置を解除

    ストレーツ・タイムズの19日報道によれば、シンガポール政府は6月1日にも封鎖措置を解除し、2日から経済活動に対する規制を大幅に緩和する。段階に分けて緩和し学校の再開も始める。ただ感染拡大の第2波が訪れた場合は規制を強化する方針に戻すことも政府幹部は強調している。

    2020.05.20 11:48
  • シンガポール伊勢丹、1-6月期は最終赤字に

    ストレーツ・タイムズの報道によれば、シンガポール伊勢丹は16日の当局への提出書類で、2020年上半期(1-6月)期の決算が赤字になりそうだとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大と、これに対応した封鎖措置などが収益に響くという。

    2020.05.19 13:10
  • タイ政府、タイ国際航空に対し破産法による会社更生手続き申請か

    タイのナショナル・フラッグ・キャリアとして知られるタイ国際航空が破産法による会社更生手続きの申請を計画している。18日、ロイターなどが報じた。同社株式の51%を保有する政府が申請する見通しで、19日の閣議で協議する。赤字体質が続いていたのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大により旅客数が大幅に減少したことで事業継続の見通しが立たなくなっている。

    2020.05.19 13:08
  • タイの2020年1-3月期のGDP、前年同期比1.8%減

    タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)は18日、2020年1-3月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比1.8%減少したと発表した。モノとサービスの輸出の落ち込みや、民間セクターと公的セクターの投資の減少などが響いた。新型コロナ対策として実施した封鎖などが響き、4-6月期は落ち込み幅が大きくなることが避けられない見通しだ。

    2020.05.19 13:06
  • タイで商業施設の営業が再開

    非常事態宣言下にあるタイで経済封鎖の緩和が進んでいる。5月3日に一部の飲食店や小売店の営業が再開し、5月17日にはショッピングモールや百貨店が営業を再開した。ただQRコードを利用した入館者管理などウイルス対策の徹底が求められている。娯楽施設の営業再開の目処はまだ立っていない。

    2020.05.18 10:23
  • シンガポールの政府系投資会社、仮想通貨リブラのプロジェクトに参加

    ストレーツ・タイムズの16日報道によれば、シンガポールの政府系大手投資会社のテマセク・ホールディングスが、米フェイスブックが提唱する仮想通貨「リブラ」のプロジェクトに参加することを明らかにした。シンガポールはデジタル銀行や仮想通貨に対して前向きな姿勢を示している。

    2020.05.18 10:21
  • インドの4月の輸出が大幅減、1995年以来の下げ幅を記録

    インドの4月の輸出額は前年同期比6割減少した。2カ月連続の減少で、1995年以来の下げ幅を記録したという。輸入も大幅に減少しているようだ。インドでは3月下旬から厳しい封鎖に乗り出しており、経済が大きな打撃を受けている。ただ感染者数の増加は続いており、15日には累計の感染者数が中国を上回った。

    2020.05.18 10:20
  • タイ国際航空、破綻処理も選択肢の一つ、政府幹部が発言

    経営難に直面しているタイ国際航空について、タイ財務相は、破産も選択肢の一つであり内閣が最終決定を下すと述べた。国営企業であるタイ国際航空は新型コロナウイルス危機が顕在化する以前から赤字体質から脱却できずにおり、その救済の是非について議論が続いている。

    2020.05.15 12:57
  • シンガポール航空、初の最終赤字、2020年3月期

    ストレーツ・タイムズなどの報道によれば、シンガポール航空が14日発表した2020年3月期の連結決算は、最終損益が2億1200万シンガポールドル(約160億円)の赤字だった。同社としては初の最終赤字を計上した。財務基盤を固めるため、1兆円規模の資金調達を計画している。

    2020.05.15 12:55
  • 新型コロナによる世界の経済損失は最大8.8兆ドル、ADB発表

    アジア開発銀行(ADB)は15日、新型コロナウイルスの世界経済への影響見通しを発表した。感染収束までに3カ月から6カ月を要した場合、これが世界経済に与える損失額は5.8兆ドルから8.8兆ドルに上る。4月3日に発表した損失額の見通しは同2兆ドルから4.1兆ドルだったが、世界的に感染の拡大が進んでいることを受けて損失額を見直した。

    2020.05.15 12:53
  • タイの完成車メーカーが雇用維持に苦慮

    タイで三菱自動車が早期退職の募集を始めた。日産自動車は既に300人の従業員を解雇している。トヨタ自動車は従業員にキャリアの変更を促す取り組みを始める見通し。タイの各完成車メーカーは新型コロナウイルスにより大きな打撃を受けており、雇用関連の対応を迫られている。タイのPrachacharturakij オンラインが報じた。

    2020.05.14 12:55
  • ミャンマー最大の都市ヤンゴンで6000人以上が失業

    イラワジの13日報道によれば、ミャンマー最大の都市ヤンゴンでは6000を超える工場の従業員が失業しているという。47工場が封鎖などの影響で従業員を確保できず操業を停止した。職を失った人々の生活補償などが課題となっている。

    2020.05.14 12:53

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み