1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
?
  • インド中銀、利下げ見送り、成長率を下方修正

    インド中央銀行は5日、政策金利を据え置くことを決めた。想定よりも物価が上昇していることが背景。追加利下げに踏み切ると予測されていたため、タイムズ・オブ・インディアは「市場は失望している」と指摘した。インド経済は低迷しており、インド中銀は合わせて今年度の成長率を下方修正することを迫られている。

    2019.12.06 14:20
  • フィリピンの二輪車ライドシェア企業がキャッシュレスサービス検討

    フィリピンで二輪車のライドシェア・配車サービスを展開しているAngkasは、現金に加えキャッスレスで支払いができるサービスを検討しており、金融機関と協議を進めている。マニラタイムズが5日報じた。フィリピンではインドネシアの二輪車ライドシェアで急成長した大手ゴジェックが参入を目論んでおり、今後熾烈な競争が予想される。地場企業のAngkasはサービスを拡充してゴジェック参入に備える。

    2019.12.06 14:20
  • タイ石油化学大手、米国のペットボトルリサイクル企業を買収

    タイの石油化学大手、インドラマ・ベンチャーズは米国でペットボトルのリサイクル事業を手がけるグリーン・ファイバー・インターナショナルを買収した。5日、バンコク・ポストなどが報じた。プラッスチックゴミの増加が社会問題化していることに対応した動きと見られる。

    2019.12.06 14:20
  • シンガポール、e スクーター利用に筆記テスト

    シンガポール当局はeスクーターや電動アシスト自転車の利用者に対し、事前に筆記テストを受けることを義務付ける方針だ。乗車中は携帯電話の利用を禁止するといった行動指針も合わせて定める。既にシンガポールでは事故の増加を受け、歩道でeスクーターを走らせることを禁止している。4日、テック・イン・アジアが報じた。

    2019.12.05 14:20
  • 独自動化大手、ベトナムに新工場、人材育成にも着手

    ドイツに本拠を置く自動化大手Festoはベトナムに工場を建設し、教育機関と組んで製造業の自動化に精通した人材の育成にも乗り出す。ベトナムは東南アジアの中で早いペースで経済成長しており、製造業の自動化に対する需要も拡大すると見ている。4日、ベトナム・ニュースが報じた。

    2019.12.05 14:20
  • タイの小売店2万4500店でビニール袋の提供を中止

    タイ小売業協会と加盟企業の75社は2020年1月からビニール袋の提供を取りやめる。75社は合計で2万4500店の小売店を展開しているため影響は大きい。プラスチックゴミの放棄が東南アジア各国で問題になっていることに対応する。4日、バンコク・ポストが報じた。

    2019.12.05 14:20
  • ベトナム最大の複合企業、傘下の小売事業を食品大手と統合

    ベトナム最大の複合企業Vinグループが事業の選択と集中に乗り出している。このほど傘下の小売企業を国内食品最大手Masanグループと合併させることで同社と合意した。これにより国内最大の小売・食品企業が誕生する見通し。新会社のマネジメントはMasanが担う。Vinグループは自動車やスマートフォンなどの開発、生産に力を入れており、製造業に経営資源を集中させる。3日、Vinグループの発表をアジアの各紙が報じた。

    2019.12.04 13:19
  • 印マルチ・スズキ、来年から販売価格を引き上げ

    インド自動車最大手のマルチ・スズキは2020年1月から様々な車種で販売価格を引き上げることを計画している。自動車市場の不振が続き業績が低迷しているのに加え、生産コストも数年間上昇を続けており価格見直しに踏み切らざるを得ないという。トヨタ自動車やマヒンドラ&マヒンドラなど一部競合メーカーも同様の動きが出る可能性がある。3日、ビジネス・スタンダードが報じた。

    2019.12.04 13:17
  • フィリピンでデジタル決済が拡大

    フィリピン中央銀行が国連に委託して実施した調査の報告書によれば、同国では現金を使わないデジタル決済の比率が高まっており、2018年におけるシェアは全体の1割を占めるまで増加。2013年比でおよそ20倍に膨らんだ。特に個人間のデジタル決済が伸びているという。4日、マニラ・タイムズが報じた。

    2019.12.04 13:17
  • インドの中小小売り、米アマゾンなどネット勢を「経済テロリスト」と批判

    中小の小売店などからなる全インド商業連盟は、米アマゾン・ドット・コムや印フリップカートなどネット通販勢を「経済テロリスト」と呼び、各社が規制を逸脱して商品価格の大幅な値下げで協調していると痛烈に批判した。これにフリップカートは「自分たちはルールに沿って事業を展開しており、(連盟は)既得権を守ろうとしている」と反発。既存小売業とネット勢との対立が深まっている。エコノミック・タイムズが1日報じた。

    2019.12.03 13:20
  • タイ首相「もっとドル払いを」

    タイのプラユット首相は2日、国内向けに「自国通貨バーツを弱めるために、もっとドル払いを促進することを考えなければならない」と話し、民間企業に協力を要請した。足元のバーツ高でタイは輸出が振るわず、経済成長の足枷となっていた。2日、バンコク・ポストなどが報じた。

    2019.12.03 13:15
  • 家具大手イケア、インドネシアで出店攻勢

    スウェーデンの家具大手イケアは2020年にもインドネシアで2店の大型店を開く。今年11月末に2店舗目となる店舗を西ジャワに開設したばかりだが、出店を続けてインドネシア市場でのシェアを固める考えだ。2日、ジャカルタ・ポストが報じた。

    2019.12.03 13:15
  • タイの飲料大手、醸造事業の新規上場を検討

    11月29日のブルームバーグなどの報道によれば、タイの飲料大手タイ・ビバレッジはシンガポール証券取引所に醸造事業を新規上場させることを検討している。タイ有数の富豪として知られるチャルーン・シリワタナパクディー氏が経営を握る同社はタイで高い知名度を持つ「チャーン」ブランドのビールを展開。ベトナムやシンガポールでも飲料事業を手がける。上場の際の評価額は100億ドルに達する可能性があるという。

    2019.12.02 14:15
  • インドとシンガポール、米フェイスブックに圧力

    タイムズ・オブ・インディアの11月29日報道によれば、インド政府は米フェイスブックが展開するメッセンジャーアプリ「ワッツアップ」について、セキュリティが万全かどうか調査を実施する計画だ。ワッツアップを利用することでスパイウェアが利用者の端末にインストールされる恐れがあり、政府は警戒を高めている。11月30日のスター・オンラインなどの報道によれば、シンガポールはフェイクニュースを取り締まる法律に基づき、フェイスブックに対し利用者が情報発信した内容について報告するよう求めた。

    2019.12.02 14:15
  • フィリップモリス、タイで40億円超の罰金

    タイの刑事裁判所は12月29日、タバコ大手のフィリップモリスのタイ法人に対し、2003年から2006年のタバコ輸入を過小に申告していたとして12億2000万バーツ (約44億円)の罰金を課した。同日、バンコク・ポストなどが報じた。

    2019.12.02 14:15
  • バーツ高など背景にタイの貿易が低迷

    タイの2019年1〜10月の国境を超えた貿易総額は前年同期比約2%減少した。世界経済の先行きに不透明感が強まっていることや、バーツ高が足を引っ張った。29日、バンコク・ポストが報じた。同紙の28日報道によれば、同国大手銀、カシコン銀行は2020年末までに米ドルに対するバーツ高が進行する可能性があると見ている。

    2019.11.29 13:50
  • 中国金融大手アントフィナンシャル、東南アジアとインドで10億ドル規模の投資

    中国ネット通販最大手、アリババ集団グループで金融事業を展開するアントフィナンシャルは東南アジアやインドのスタートアップ企業に投資するファンドに10億ドル規模の資金を投じる考えだ。28日、テック・イン・アジアなどが報じた。

    2019.11.29 13:50
  • 東南アジア各国、「イスラム国(IS)」の活動警戒

    マレーシアの当局幹部は過激派組織「イスラム国(IS)」の武装グループが東南アジアに活動の拠点を移している可能性があるとの警戒を強めている。バンコク・ポストの報道によれば、バンコクで開かれたASEANの会合でマレーシア当局幹部がこの懸念をを各国と共有したという。

    2019.11.29 13:50
  • 香港、タイと経済関係強化で覚書

    香港のキャリー・ラム行政長官は28日タイを訪問し、同国との経済協力で覚書を交わす見通しだ。27日のバンコク・ポストの報道によれば、香港側はタイを他のメコンエリアへの玄関口として活用し、タイ側は香港・マカオ・中国の広東省を合わせたグレート・ベイ・エリアと呼ばれる地域との関係強化を見込んでいる。

    2019.11.28 13:00
  • グラブ、マレーシアでバイクのライドシェア

    グラブは来年にも、マレーシアでバイクのライドシェア・配車サービスをエリア限定で展開する。同年にはインドネシアの競合ゴジェックも、同様のサービスを手がける予定で、バイクのライドシェアを巡る同国での競争が激化しそうだ。27日、テック・イン・アジアなどが伝えた。

    2019.11.28 13:00

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    日経ビジネス語録

    どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

    筒井 義信 日本生命保険会長