1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
?
  • タイ航空、5000人が早期退職

    バンコク・ポストの10月30日報道によれば、タイ国際航空の従業員約5000人がこのほど同社が求める早期退職に応じた。非効率な経営と新型コロナウイルスの影響によりタイ航空は経営破綻しており、現在は会社更生手続き中。国際航空運送協会(IATA)は世界の航空業界で破綻の連鎖を防ぐには、航空各社はさらなるコスト削減に取り組む必要があると指摘している。

    2020.10.30 13:22
  • インド国会、国内決済大手に対する中国からの投資を問題視

    インド国会は10月29日、同国の電子決済大手Paytmに対し、これまで中国関連の投資家からどの程度資金調達してきたのか明らかにするよう求めた。また顧客データを保存しているサーバーについてはインド国内に設置することを合わせて求めている。タイムズ・オブ・インディアなど各紙が報じた。印中関係は急速に悪化しており、インド政府は国内における中国の影響力拡大を警戒している。

    2020.10.30 13:20
  • 印マルチ・スズキ、2020年7〜9月期の純利益増、前年同期比

    インド自動車大手マルチ・スズキが10月29日発表した2020年7〜9月期の連結決算は純利益が137億ルピーと前年同期比1%増加した。各紙報道によれば、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げは低迷していたが、今四半期は封鎖の緩和を受けて需要が伸びた。

    2020.10.30 13:17
  • 印タタ・グループ、ネット通販企業に出資へ

    インドのタタ・グループは近く同国で食品・日用品のネット通販を手がけるビッグバスケットに出資する見通しだ。10月29日、ビジネス・スタンダードなどが報じた。インドのネット通販分野では米アマゾン・ドット・コムやリライアンス ・インダストリーズなどとの競争が激化しており、ビッグバスケットは生き残りをかけ大規模な資金調達に踏み切ることを迫られていたと同紙は指摘している。

    2020.10.29 12:34
  • カンボジア中央銀行、デジタル通貨の正式運用を開始

    バンコク・ポストなどの10月29日の報道によれば、カンボジア中央銀行は28日にデジタル通貨「バコン」の正式運用を開始した。日本企業が協力しており、ブロックチェーン技術を用いている。利用者はスマートフォンのアプリを通して様々な金融サービスにアクセスできる。中央銀行は昨年7月から試験運用を始めていた。

    2020.10.29 12:32
  • タイ中国鉄道建設計画の一部で契約締結

    バンコク・ポストなどの10月28日報道によれば、タイ政府は中国企業と高速鉄道の建設について契約を結んだ。中国南部を起点にインドシナ半島を縦断する鉄道計画の一部になるもので、バンコクと東北部のナコンラチャシマ間を結ぶ。投資費用の負担などをめぐり交渉は難航していたが、このほど契約にこぎつけた。

    2020.10.29 12:31
  • タイ反体制デモ、国内消費の足枷に

    バンコク・ポストは10月27日、国内で激化する反体制デモが新型コロナウイルスで停滞する経済に追い打ちをかけ、その回復に一層の時間がかかる恐れがあると指摘している。産業の柱である観光業の停滞を補うため政府は国内消費を喚起することを模索しているものの、デモにより消費が盛り上がらない可能性があるという。

    2020.10.28 11:57
  • 印タタ自動車、最終赤字43億円、2020年7〜9月期

    インド自動車大手タタ自動車が10月27日発表した2020年7〜9月期の連結決算は、最終損益が30億7260万ルピー(約43億円)の赤字だった。新型コロナウイルスの感染拡大が響いた。英子会社ジャガー・ランドローバー(JRL)も収益も振るわなかった。タイムズ・オブ・インディアによれば、タタ自動車幹部は今後数ヵ月で需給は徐々にに改善するとの見通しを示している。

    2020.10.28 11:55
  • インドネシア国営航空会社ガルーダ、700人の従業員を解雇へ

    ストレーツ・タイムズなどの10月27日報道によれば、インドネシア国営航空会社ガルーダ・インドネシアは来月にも700人の従業員を解雇する計画だ。新型コロナウイルスの感染拡大により収益が低迷していることが背景。全従業員の10分の1に当たる。ガルーダは資金調達を実施して危機を乗り切る考え。

    2020.10.28 11:53
  • インド小売大手FRLの事業売却計画に暗雲、米アマゾン反発

    インド小売大手のフューチャーリテール(FRL)が進めていた同国複合企業リライアンス ・インダストリーズに事業売却する計画に対し、シンガポールの仲裁機関が計画差し止めを命じた。ビジネス・スタンダードやロイターなど各メディアが伝えた。フューチャーリテールは米アマゾン・ドット・コムとの間でリライアンス ・インダストリーズ関連企業に小売事業を売却しないとの契約があったとされ、これを根拠にアマゾンが仲裁期間に差し止めを申し立てていた。

    2020.10.27 11:47
  • タイ反体制デモ、ドイツ大使館に殺到

    現政権の退陣や王室改革を求めるタイのデモ隊は10月26日夜、ドイツ大使館に殺到し、同国に長く滞在しているとされるタイ国王の行動について調査するよう求めた。一方26日から27日にかけて政府は臨時国会を召集し激化するデモへの対応を探っており、憲法改正やその方法などについて議論を続けている。

    2020.10.27 11:45
  • 欧州のコカコーラ、豪同業を買収

    ブルームバーグの10月26日報道によれば、英国を拠点とし世界最大のボトラーとされる、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズはオーストラリア同業のコカ・コーラ・アマティルを66億ドルを投じて買収する。オーストラリアの企業がかかわる買収では今年最大の案件で、新型コロナウイルスの感染拡大が後押しとなったという。

    2020.10.27 11:44
  • 印フリップカート、アパレル大手に出資

    米ウォルマート傘下の印ネット通販大手フリップカートは同国アパレル大手のAditya Birla Fashion and Retail(ABFRL)に対し2億378万ドルを投資し、約8%の株式を取得する。タイムズ・オブ・インディアなど各紙が10月23日報じた。ABFRLはインド国内で複数の有力アパレルブランドを展開する大手として知られており、フリップカートは今回の投資でアパレル関連の通販事業を強化する。

    2020.10.26 08:48
  • インドネシアのトコペディアに米グーグル出資

    インドネシアのネット通販大手でユニコーンとして知られるトコペディアに対し米グーグルがこのほど出資した。出資額は不明。トコペディアに対してはシンガポールの政府系投資ファンド、テマセク・ホールディングスも6月に大規模出資している。10月23日、テック・イン・アジアなどが報じた。

    2020.10.26 08:46
  • インド南部の州政府、テスラ誘致にビデオ電話

    インドのムンバイを州都とするマハーラーシュトラ州の政府幹部は、電気自動車大手テスラの幹部とビデオ電話し自州への投資を促した。テスラのイーロン・マスク氏がインドへの進出を前向きに検討しているとされ、インド側も誘致に動き出している。ロイターが10月23日報じた。

    2020.10.26 08:43
  • 配車大手グラブの四半期売上高、新型コロナ前の水準にほぼ回復

    シンガポールを拠点とする配車大手グラブの2020年7〜9月期の売り上げが新型コロナウイルス以前の水準にほぼ戻りつつあるという。同社創業者の話をストレース・タイムズが10月22日報じた。フードデリバリーの伸びが牽引している。

    2020.10.23 13:14
  • タイ政府、集会禁止の非常事態宣言を解除

    タイ政府はバンコクを対象とした5人以上の集会禁止などを定めた非常事態宣言を10月22日に解除した。反体制デモへの譲歩を示したと見られる。26、27日には臨時国会を招集しデモへの対応を協議する見通し。ただデモ隊は数日以内のプラユット首相の辞任を求めており、緊張が続いている。

    2020.10.23 13:11
  • 米ゴールドマン、1MDB問題の違反認める

    米ブルームバーグの10月23日報道によれば、米ゴールドマン・サックス・グループはマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の資金不正流用問題で米海外腐敗行為防止法に違反したことを認めた。この問題の決着に向けて同社が支払う金額は世界全体で50億ドルを超えたという。

    2020.10.23 13:09
  • タイの反体制デモ、3日以内の首相辞任を要求

    タイの首都バンコクの首相府近辺で10月21日夜、大規模なデモが再び発生。機動隊との衝突が起きた。プラユット首相は非常事態宣言の解除など譲歩を示唆したが、デモ隊は譲らず3日以内の首相辞任を求めた。果たされない場合は再度大規模デモを実施するという。

    2020.10.22 12:23
  • インド、大気汚染の健康被害に深刻に

    インドで大気汚染が悪化しており、米国のNGOによれば2019年に亡くなった167万人もの人々の死因に大気汚染が関連している。ビジネス・スタンダードが10月21日報じた。167万人のうち100万人以上は生後1カ月未満の乳幼児という。

    2020.10.22 12:22

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み