1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
?
  • 米グーグル、印デリバリースタートアップに出資

    インドで二輪車を利用したデリバリーサービスを手掛けるDunzo(ドゥンゾー)に対し、このほど米グーグルなどが4000万ドルを投資した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてインドのデリバリー市場は拡大しており、ドゥンゾーによれば昨年のGMV(流通取引総額)は前の年比で倍増したという。1月20日、テック・イン・アジアが報じた。

    2021.01.20 13:20
  • ネット大手シー、インドネシアでさらなる銀行買収を模索

    シンガポールのインターネット大手シーがインドネシアで銀行の買収を模索している。シーはインドネシアのBank BKEを買収したばかりだが、新たに銀行を取得し、Bank BKEと合併させる方針という銀行サービスとネット通販などを組み合わせて、顧客の利便性を高める戦略だ。1月19日、ストレーツ・タイムズが報じた。

    2021.01.20 13:19
  • グラブ、年内にも米国で新規上場か

    東南アジアの配車大手グラブが年内にも米国での新規上場を検討している。少なくとも20億ドルを調達する計画という。1月18日、ロイターが関係者の話として報じた。詳細な上場時期や規模などについてはまだ確定していないという。これまでグラブは同業ゴジェックや通販大手などとの合併などが噂されてきた。

    2021.01.19 13:23
  • 半導体の不足で米フォードがインド工場の稼働を停止

    米自動車大手フォード・モーターがインドのチェンナイで操業する工場が稼働を一時停止している。再稼働は25日となる見通し。1月18日、タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。原因は半導体の不足によるもので、目下、サプライチェーンの回復に取り組んでいるという。

    2021.01.19 13:22
  • 仏トタル、インドの再生可能エネルギー大手に出資

    フランスの石油大手トタルは25億ドルを投じ、インドで太陽光発電の開発を手掛けるアダニ・グリーン・エナジー(AGEL)の20%の株式を取得する。石油から再生可能エネルルギーに事業の幅を拡大する。インドは石炭へのエネルギー依存度合いが高いが、公害を防ぐため天然ガスや再生可能エネルギーへの転換を進めている。1月18日、AFPなどが報じた。

    2021.01.19 13:20
  • タイ中銀、新型コロナの再拡大で2021年の経済見通しに懸念

    タイ中央銀行は1月15日、新型コロナウイルスの感染再拡大により、3.2〜3.6%としていた2021年の経済成長が押し下げられる恐れがあるとの見通しを示した。政府がほとんどの経済活動を制限せず、さらに6月までに状況が改善した場合は1〜1.5%、経済活動の制限が拡大した場合は3〜4%押し下げられる恐れがある。15日、バンコク・ポストが報じた。

    2021.01.18 12:35
  • スイス金融大手UBS、印決済大手の株式調達か

    スイスの金融大手UBSグループは、インドの電子決済大手Paytmに4億ドルを投資することを検討している。ブルームバーグが1月14日、関係者の話として報じた。早ければ今月にもUBSは同社の顧客らと連携して株式を購入する計画。Paytmは送金サービスで急成長しており、ソフトバンクなどが出資している。

    2021.01.18 12:32
  • 中国、カンボジアに100万回分の新型コロナワクチン供給へ

    中国はカンボジアに対し、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルス向けワクチン100万回分を供給する見通しだ。カンボジアのフン・セン首相は「友人である中国は我々を助けてくれる」とのメッセージをSNS(交流サイト)を通して発信している。1月16日、AFPが報じた。

    2021.01.18 12:30
  • グラブが3億ドルの資金調達、金融サービス強化

    東南アジアの配車大手グラブは、このほど韓国の投資会社などから3億ドルの資金を調達した。金融関連サービスの強化に充てる。韓国の投資会社に加え、フィンテク関連のベンチャーファンドなども今回の資金調達に参画した。グラブ幹部は「新型コロナウイルスの感染拡大がフィンテックの普及に拍車をかけた」と話している。1月14日、ロイターなどが報じた。

    2021.01.15 12:42
  • タイ石油ガス最大手の小売子会社、2021年国内最大規模の新規上場へ

    年内の新規上場を予定するタイ石油・ガス最大手PTTの小売子会社PTT Oil and Retail(PTTOR)は、株式の公募価格の総額を最大で540億バーツ(約1870億円)とする見通しだ。実現すればタイ証券取引所の2021年最大の新規上場案件になりそうだ。PTTORはタイ国内でガソリンスタンドを運営するほか、メコンエリアを中心にカフェチェーン「Cafe Amazon」を展開することでも知られる。バンコク・ポストが1月14日報じた。

    2021.01.15 12:40
  • 独フォルクスワーゲン、マレーシアに新流通拠点

    独フォルクスワーゲン(VW)はこのほど、マレーシアのジョホール州に新しい自動車部品の流通拠点を設立した。施設の面積は5万平方メートルで、ここに6万5000点を超える部品を保管。効率よくアジア太平洋地域の各拠点に供給できるという。1月14日、スター・オンラインなどが報じた。

    2021.01.15 12:38
  • 印自動車大手M&M、北米事業で半数以上の従業員を解雇

    インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)が北米事業で全従業員の半数以上を解雇した。ロイターが1月13日、複数の関係者の話として報じた。解雇された従業員の正確な数は把握できていない。2020年初めには少なくとも500人以上の従業員が雇用されていたという。M&Mは事業ポートフォリオの見直しを進めており、今回の削減もその一環とみられている。

    2021.01.14 12:33
  • シンガポールのネット大手Sea、インドネシアの銀行買収

    東南アジアのインターネット大手でゲームやネット通販などを手掛けるSeaは、このほどインドネシアの銀行Bank Kesejahteraan Ekonomi(Bank BKE)を買収した。ブルームバーグが関係者の話として1月13日に報じた。東南アジア最大の人口を抱えるインドネシアでフィンテック関連事業を展開する計画とみられている。

    2021.01.14 12:30
  • 印IT大手インフォシス、純利益13%増、2020年10〜12月期

    インドのIT大手インフォシスが1月13日に発表した2020年10〜12月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が約7億700万ドルと前年同期比13%増加した。ビジネス・スタンダードによれば顧客のデジタル投資拡大が後押しとなった。インフォシスは来期(2021年4月〜2022年3月期)も2桁成長が期待できると見ている。

    2021.01.14 12:28
  • 中国、ミャンマーに新型コロナワクチンなど提供約束

    1月11日、ミャンマーの首都ネピドーでアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と中国の王毅国務委員兼外相が会談した。中国側はミャンマーに対して30万回分の中国製新型コロナウイルスワクチンや、その他の新型コロナ向け医薬品を提供することを約束した。12日、ミャンマータイムズが報じた。新型コロナ対策以外にも経済協力の深化などが話し合われた。

    2021.01.13 12:34
  • 米ルーカスフィルム、シンガポールの拠点をブラックロックに売却

    映画「スターウォーズ」などで知られる米ルーカスフィルムがシンガポールの拠点を米大手投資会社ブラックロックに売却する。スターウォーズに登場する著名な輸送機を模して作られたビルとして知られ、売却額は7500万ドル程度になるもよう。1月13日、ストレーツ・タイムズが報じた。

    2021.01.13 12:32
  • 米テスラ、インドに現地法人を設立

    電気自動車(EV)大手の米テスラはこのほどインドのバンガロールに現地法人を設立した。1月12日、タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。テスラのインドにおける事業の詳細は明らかではないが、インド交通相は今年中にテスラがインドでEV販売を開始するとみている。またインドに研究開発拠点が設置されるとの見方もある。

    2021.01.13 12:30
  • 中国国営企業、ミャンマー国鉄と鉄道計画の事業化調査で合意

    中国国営企業の中国中鉄とミャンマー国鉄は1月10日、中国南部の都市昆明とミャンマーのチャオピューとを結ぶ鉄道の建設計画でフィージビリティスタディーを実施することで合意した。イラワジが11日報じた。チャオピューはインド洋に面しており、中国向けの原油・ガスパイプラインが敷設されるなど中国による権益化が進んでいる。鉄道が実現すれば、中国のインド洋での存在感が一層増しそうだ。

    2021.01.12 12:59
  • インドの12月自動車販売、24%増加、前年同月比

    インドの自動車販売業者連合会(FADA)は1月11日、2020年12月の自動車販売台数が27万1249台と前年同月比24%増加したと発表した。同日、ビジネス・スタンダードなどインド各紙が報じた。商用車の販売は振るわなかったが、二輪車やトラクターの販売が好調だったという。

    2021.01.12 12:57
  • 2020年、シンガポール証券取引所に20社がIPO、前年と同数に

    2020年、シンガポール証券取引所には前年と同数の11社の企業が新規上場を果たした。1月11日、PwCシンガポールのリポートを引用してストレーツタイムズが報じた。シンガポール経済は新型コロナウイルスの感染拡大を背景に大きく低迷しているが、同国をグローバル事業の拠点として活用する動きは続いているという。

    2021.01.12 12:56

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    日経ビジネス電子版有料会員になると…

    専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

    著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

    読者数No.1
    ※日経ビジネス最新号&8年分のバックナンバーが読み放題

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [シリーズWATCH]気になる記事の続きを見逃さない

    「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み
    日経電子版セット2カ月無料

    日経電子版セット2カ月無料

    〈締切迫る!〉日経ビジネス電子版と日経電子版がセットでお得に。1月31日まで