1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
?
  • シンガポール、インドが金融緩和

    シンガポール金融通貨庁は30日、金融政策を緩和すると発表した。昨年10月に続き2回目となる。27日はインドの中央銀行が緊急会合を開き、政策金利を利下げすると発表した。各国はこれまでに例のない経済刺激策も打ち出しており、新型コロナウイルス対策として金融政策と財政出動とをフル活用することを迫られている

    2020.03.30 13:05
  • ベトナム、2020年1〜3月の経済成長、過去10年で最低に

    ベトナムニュースの28日報道によれば、同国の2020年1〜3月の経済成長率は3.82%と、過去10年でもっとも低い値を記録した。ベトナムにとどまらず、アジア各国が新型コロナウイルスの影響で経済が低迷している。ロイター通信は債券市場の機能不全も加わり、今後多くの企業が負債の返済に苦慮することになる可能性があると警告している。

    2020.03.30 13:03
  • マレーシア、GDP比で世界最大規模の経済対策

    スターオンラインの29日報道によれば、マレーシアは新型コロナウイルス対策として、GDP(国内総生産)比では世界最大規模となる2500億リンギット(約6兆円)の経済対策を打ち出している。当局の話によれば、これはマレーシアGDPの17%に当たるという。同国は東南アジアのなかでいち早く全土封鎖に踏み切っている。

    2020.03.30 13:03
  • 経済活動が止まるインド、生活必需品も入手困難に

    タイムズ・オブ・インディアなどの27日報道によれば、全土をロックダウン(都市封鎖)しているインドでは生活必需品の流通に困難が生じており、国民がこうした製品を手に入れにくくなっている。ビジネス・スタンダードの報道によれば、インドでは現在、足元で全体の75%の経済活動が止まっている。

    2020.03.27 13:45
  • デフォルトリスクに直面するアジア企業

    米ブルームバーグは27日、新型コロナウイルスの感染拡大がアジアの債券市場を脅かしていると指摘した。これまで事業拡大に積極的だったアジア企業は債券市場から積極的に資金を調達してきた。ただ市況は一変しており、今後は債務負担に耐えられずデフォルトに陥る企業が増えると警告している。ドルに対する自国通貨安もリスクの増大に拍車をかけている。アジアでは2021年末までに発行済み債券11兆4000億ドルのうち4割が満期を迎える見通しだ。

    2020.03.27 13:45
  • 新型コロナウイルス対策で、アジア企業が独自の動き

    新型コロナウルスの感染拡大により落ち込む経済と国民の生活を支えようと、アジア各国政府は経済刺激策や企業の資金操り緩和策に相次ぎ乗り出している。一方で企業もこれまでにない動きを見せ始めた。現地報道によれば、タイの小売り最大手セントラル・グループは展開するショッピングセンターに入居するテナントに対し賃料引き下げを実施する。インドでは宅配サービスを展開するゾマトの社員が自主的に給与カットに乗り出し、パートナーであるドライバー支援に乗り出した。インドネシアのライドシェア・配車大手のゴジェックも給与カットなどにより拠出した資金により、ドライバーや零細小売店を支援するファンドを設立した。

    2020.03.27 13:40
  • インド、封鎖を受けネット通販も停止に

    タイムズ・オブ・インディアの25日報道によれば、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的でインドが全土を封鎖したことを受け、米ウォルマート傘下のネット通販大手、フリップカートがネット通販事業を停止した。インドでは封鎖により、オラなどライドシェア・配車サービスも事業を停止している。

    2020.03.26 15:00
  • タイとシンガポール経済、大幅なマイナス成長避けられず

    ストレーツ・タイムズによれば、シンガポール商工省は26日、2020年の国内総生産(GDP)が前年比1〜4%減少するとの発表した。バンコク・ポストによれば、タイ中央銀行も25日、同国のGDPが同5.3%減少するとの見通し示した。新型コロナウイルスの感染拡大が東南アジア経済を直撃している。

    2020.03.26 15:00
  • ゴジェックがドライバー向け救済ファンド立ち上げ、経営陣や従業員らが資金提供

    インドネシアのライドシェア・配車大手のゴジェックは24日、新型コロナウイルス対策として、同社のドライバーを支援するファンドを立ち上げたと発表した。経営陣の給与の25%とゴジェックの全従業員の年間昇給分をファンドに寄付し、ドライバーなどの支援に充てる計画という。

    2020.03.26 14:55
  • マレーシア、タイ両政府、国内航空会社の支援を模索

    スターオンラインの26日報道によれば、マレーイア航空は経営が急速に悪化している国内の航空会社、マレーシア航空とエアアジアを支援するため、両社の負債を引き継ぐ受け皿を作ろうと模索している。またバンコク・ポストの同日報道によれば、タイ政府もフラグシップキャリアであるタイ国際航空の経営支援策を2カ月以内にまとめる見通しだ。

    2020.03.26 14:55
  • 米フォード、新型コロナウイルス対策としてベトナムの工場稼働を停止

    米自動車大手フォード・モーターは新型コロナウイルス対策として、ベトナムの工場の稼働を停止した。再開時期は未定だが、数週間に及ぶ可能性があるという。24日、ベトナム・ニュースが報じた。同社はベトナムで年1万4000台の生産能力を持つと見られる。

    2020.03.25 13:10
  • ラオスとミャンマー、新型コロナウイルス感染を初めて確認

    イラワジの24日報道によれば、ラオスで初めて2人の新型コロナウイルス感染者が確認された。ホテル従業員男性とツアーガイドの女性で両者とも首都ビエンチャンに在住している。同日はミャンマーでも初めて米国と英国から帰国した男性2人の感染が確認されている。

    2020.03.25 13:10
  • インドの封鎖受け、ライドシェア・配車サービスも停止に

    インドのライドシェア・配車大手のオラと同国で事業展開する米ウーバー・テクノロジーズが同国における業務を停止した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、インド政府が全土封鎖に踏み切ったことが背景。両者の配車サービスは都市部を中心に市民の足として定着していた。23日、テック・イン・アジアが報じた。インドでは自動車大手マルチ・スズキやトヨタ自動車が生産拠点を閉鎖するなど、企業活動に大きな支障が出ている。

    2020.03.24 12:12
  • タイ政府、陸路国境を封鎖

    タイ政府は23日、ミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアと接する陸路国境を原則封鎖すると発表した。ただ現地物流企業によれば、一部国境ゲートで物資の輸送は続いているようだ。隣接する各国も封鎖に動いており、空路に加え陸路でも国境を越えた東南アジア内の移動ができなくなっている。

    2020.03.24 12:11
  • ニュージーランドがロックダウン、25日深夜から

    19日から外国人の入国を禁止しているニュージーランド政府は23日、現地時間25日深夜から新型コロナウイルスに対する警戒レベルを引き上げると発表した。国をロックダウン(封鎖)し、国民に自宅待機を要請するほか、スーパーマーケットなど生活必需品を販売する店舗などを除き企業にも業務の停止を求める。

    2020.03.24 12:10
  • 新型コロナウイルス感染拡大で、東南アジア各国が移動制限を強化

    東南アジア各国が新型コロナウイルス感染拡大を抑えるためロックダウン(封鎖)を初めている。ベトナム政府は22日から原則全ての外国人の入国を禁止すると発表した。シンガポールも23日から外国人の入国を禁止。タイも外国人の入国に医療証明書の提出を義務付けるなど入国管理を厳格化している。同国では陸路国境の封鎖が始まり、バンコクでは娯楽施設に加えて飲食店を含む商業施設の営業も禁じられた。インドネシアの首都ジャカルタは非常事態を宣言し、娯楽施設の営業が停止している。

    2020.03.23 11:59
  • 新型コロナウイルス対策でインドが移動制限、工場稼働の停止が広がる

    各紙報道によればインド政府は19日、国際線の着陸を22日から1週間に渡り禁止すると発表。全国で列車と地下鉄の運行を31日まで停止し、国内の封鎖に踏み切った。デリーでは同日まで全ての店舗、オフィス、工場の稼働が停止した。各州でもそれぞれ制限が実施されており、マルチ・スズキトヨタ自動車、現地自動車メーカーなどが一部工場の稼働を止めている。

    2020.03.23 11:59
  • 都市封鎖で宅配需要が拡大

    都市封鎖が広がる東南アジアでライドシェア・配車大手グラブなどが手掛ける食事の配達サービスの需要が急速に高まっている。バンコク・ポストなどの報道によれば、配達を介した感染を防ぐためグラブ(タイランド)は商品を直接手渡ししない非接触型の配達を提案している。

    2020.03.23 11:59
  • アジア太平洋州、国境封鎖が拡大

    オーストラリア政府は18日、全ての国民に対して出国を禁止し、100人以上の集会も禁止すると発表した。各メディアが報じた。マレーシアは全土封鎖、フィリピンは首都マニラが含まれるルソン島の封鎖に踏み切っており、新型コロナウイルスの感染拡大を受け国境を封鎖する動きがアジア太平洋州で広がっている。

    2020.03.19 13:14
  • インドのホテル大手Oyoが8億700万ドルを調達

    インドの格安ホテル運営大手Oyoを展開するOravel Staysはこのほど8億700万ドルを調達した。ソフトバンクのビジョンファンドと、Oyo創業者が管理する投資会社が出資した。昨年10月、Oyoは15億ドルの資金調達を実施すると表明しており、今回の調達はその一環。

    2020.03.19 13:12

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み
    日経電子版セット2カ月無料!

    日経電子版セット2カ月無料!

    日経ビジネス電子版と日経電子版がセットでお得になります。詳細はこちら