26日、シンガポール経済開発庁は11月の製造業生産高が前年同月比9.3%減少したと発表した。精密機械などは好調だったが、エレクトロニクス関連やバイオメディカル、化学などの分野が振るわなかった。ストレーツ・タイムズによれば、市場の予想を上回る悪化ぶりという。9月、10月は回復の兆しがあったが、低迷から抜け出せていない状況が明らかになった。