ミャンマータイムズの12月24日報道によれば、ミャンマーはインドのワクチン生産大手セラム・インスティチュートから新型コロナウイルスのワクチンを購入することを計画している。さらに製薬会社の協力を受けて国内でワクチンを生産することも検討しているという。