タイムズ・オブ・インディアの25日報道によれば、PaytmやReliance jio、Airtel and Finoといった電子決済を展開する企業関の2019年の損失が前年比2割増加した。市場は拡大しているものの、インフラ整備コストが増加し競争も激化していることが背景で、損益分岐点を超えるには時間がかかるとの見方が出ている。