タイの中央銀行は12月23日、2021年の経済成長の見通しを3.2%と、従来予想の3.6%から下方修正した。一方で、2020年についてはマイナス7.8%からマイナス6.6%に上方修正している。足元では新型コロナウイルス感染拡大の第2派が訪れており、今後の動向次第では回復途上にある経済にも大きな影響が出る恐れがある。