欧州の航空機メーカーのエアバスはエアアジアXの債務再編計画により、50億ドル以上の航空機の注文を失い損失となるリスクがあると明かした。スター・オンラインが12月22日報じた。エアアジアXの注文を受けて既に7機のA330neoが完成あるいは製造段階にあり、さらに71機の注文が残っているという。経営難に直面したエアアジアXは債権者に債権放棄を求めているが、債権者側はエアアジアXがエアバスを不公平に優遇しているとの不満を表明していた。