テック・イン・アジアの12日報道によれば、米小売大手ウォルマートとその傘下にあるインドのネット通販大手フリップカートの両社は、インド農業分野のスタートアップ、ニンジャカートに出資した。出資額は非公表。ニンジャカートは非効率だった農産物のサプライチェーンをIT(情報技術)を活用して効率化する事業を展開しており、近年インドで急成長している。