アジア開発銀行(ADB)は11日、2020年のアジア新興国の経済見通しを発表し、GDP(国内総生産)の伸び率を下方修正した。今年4月の発表から0.4ポイント引き下げ、今年の見込み(5.2%)と同水準になると見ている。中国の落ち込みが響くが、タイやシンガポール、インドの見通しも引き下げている。