米アマゾン・ドット・コム傘下のアマゾン・インディアと印ネット通販大手フリップカートを傘下に抱える米ウォルマートの両社は、インドの中小企業数万社に対し、事業拡大やIT活用などを支援する取り組みを大規模に始める。中小企業の間では、両社がインド市場を圧迫しているとの批判が高まっている。これに対応し、不満を抑える狙いがある。10日、ビジネス・スタンダードが報じた。