中小の小売店などからなる全インド商業連盟は、米アマゾン・ドット・コムや印フリップカートなどネット通販勢を「経済テロリスト」と呼び、各社が規制を逸脱して商品価格の大幅な値下げで協調していると痛烈に批判した。これにフリップカートは「自分たちはルールに沿って事業を展開しており、(連盟は)既得権を守ろうとしている」と反発。既存小売業とネット勢との対立が深まっている。エコノミック・タイムズが1日報じた。