中国が11月28日からオーストラリア産ワインに対し反ダンピング措置を導入したことで、オーストラリアのワインメーカーが対応を迫られている。スター・オンラインの11月30日の報道によれば、豪ワイン大手トレジャリー・ワイン・エステーツは中国向けの製品の一部を豪州国内や米国、欧州市場に振り向けることを計画している。