11月25日、タイの首都バンコクにある大手銀サイアム商業銀行(SCB)本社前で大規模な反体制デモが起きた。SCBは国王が筆頭株主となっている。反体制デモのリーダーらはここで王室改革を改めて訴えた。一方、カーウ・ソット紙などによれば反体制グループのリーダーらは不敬罪の疑いがあるとして出頭を命じられている。王室の名誉を傷つけたと判断された場合、最長で15年の禁固刑が科される。