インドのカルナタカ州にあるトヨタ自動車の工場が多数の労働組合員のストライキにより11月23日に操業を停止した。停職を巡って経営と労働者側との対立が続いていたという。24日、ビジネス・スタンダードが報じた。