インドのバイジューが米ブラックロックなど複数の投資家から2億ドルを調達する計画を進めている。タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。バイジューは教育分野をIT(情報技術)で改革しようとする、エドテックと呼ばれる領域のユニコーン(企業価値が10億ドル以上のスタートアップ企業)として知られる。今年に入りバイジューは米投資ファンド、シルバーレイクなどから5億ドルを調達していた。新型コロナを背景にIT(情報技術)を活用した教育に対する需要が高まっているという。