国際宅配便大手のDHLは今後2年間でアジア太平洋地域に6000万ユーロを投じ、この地域の物流網を強化する。ミャンマーのヤンゴンやラオスのビエンチャンに新しい直行便ルートを導入する見通し。この地域でEコマースが急拡大していることに対応する。ミャンマー ・タイムズが11月16日報じた。