東南アジア諸国連合や日中韓など15カ国は11月15日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名し、世界の国内総生産(GDP)の3割を占める大型の自由貿易協定(FTA)が発行する見通しとなった。ただインドが交渉から離脱し、今回は同国抜きでの署名となった。インドが交渉に復帰する見通しは今のところない。