iPrice Groupと米調査会社アップアニーが共同で実施した調査によれば、シンガポールで最も利用されている決済アプリはライドシェア・配車サービス大手グラブだった。DBS銀行やマレーシアのクーポンサービスFaveのアプリや中国モバイル決済大手アリペイのアプリなどが続いている。