インド携帯通信大手ボーダフォン・アイデアが14日発表した2019年7〜9月期の連結決算は、最終損益が約5089億ルピー(約7700億円)の赤字だった。タイムズ・オブ・インディアなどの報道によれば、インド企業がこれまで計上した最終赤字として最大という。最高裁判所から巨額の電波利用料の支払いを求められる可能性があり、特別損失を計上したことが響いた。