フィリピンの大手財閥アヤラはミャンマーの同ヨマ・グループの中核子会社2社に計2億3800万ドルを出資する。出資する企業2社は不動産と金融の事業を手掛けている。両国で幅広い事業を展開する有力財閥が戦略的な提携を結ぶ。13日、英フィナンシャル・タイムズなどが報じた。