ミャンマー政府は、米中貿易摩擦を背景に中国に生産拠点を構える企業がミャンマーに生産を移管する動きが出ると予想している。現状、ベトナムがこの動きの恩恵を最も受けているが、同国のインフラ利用が既に飽和状態にあるため、今後は近隣国への移管を検討する企業が増えると見ている。11日、米ブルームバーグが政府幹部の話として報じた。