インド自動車販売の低迷を受けて、最大手マルチ・スズキは10月までに9カ月連続で生産台数を減少させている。10月の生産台数は約12万台と、前年同月比で2割減った。10日、ビジネス・スタンダードが報じた。