米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは8日、インドの格付けを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。経済成長がこれまでよりも低い水準で推移するリスクが高まっており、また当初見込みより経済的、構造的課題に対する政策が効果を発揮していない点が考慮された。8日、タイムズ・オブ・インディアなど各紙が報じた。