経営破綻したタイ国際航空は34機の旅客機を売却することを決めた。ボーイングやエアバス機の売却先を11月13日までに決めることを目指す。経営再建のためタイ航空はコストの削減とキャッシュの獲得を進めており、早期退職については約5000人の従業員が同意している。11月5日、バンコク・ポストが報じた。