タイの投資委員会(BOI)は電気自動車(EV)を生産する企業に対し、新しい恩典を与えることを承認した。様々な条件があるものの、プラグインハイブリッド車(PHV)を生産する企業に3年、バッテリーEV向けには最大で8年にわたる税金の支払い免除などが含まれている。11月5日、バンコク・ポストが報じた。