現政権の退陣や王室改革を求めるタイのデモ隊は10月26日夜、ドイツ大使館に殺到し、同国に長く滞在しているとされるタイ国王の行動について調査するよう求めた。一方26日から27日にかけて政府は臨時国会を召集し激化するデモへの対応を探っており、憲法改正やその方法などについて議論を続けている。