米ブルームバーグの10月23日報道によれば、米ゴールドマン・サックス・グループはマレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の資金不正流用問題で米海外腐敗行為防止法に違反したことを認めた。この問題の決着に向けて同社が支払う金額は世界全体で50億ドルを超えたという。