インドで大気汚染が悪化しており、米国のNGOによれば2019年に亡くなった167万人もの人々の死因に大気汚染が関連している。ビジネス・スタンダードが10月21日報じた。167万人のうち100万人以上は生後1カ月未満の乳幼児という。