バンコク・ポストの10月21日報道によれば、中国・上海から41人の中国人観光客がバンコクに到着した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため観光客の訪タイを停止して以降、初の団体客受け入れとなる。彼らは14日間の隔離措置を経た後、ビーチリゾートなどを訪れる計画という。今後も中国からの団体客が断続的に訪れる予定だ。