16日夜、タイの首都バンコクで開かれた大規模な反体制デモに対し政府が機動隊を動員、化学物質が混入していると見られる水をデモ隊に向かって放出するなどして強制排除に動いた。だが反体制運動は収まる気配を見せず、翌日にも都内の複数箇所で大規模デモが開催され、交通が麻痺する事態となった。