動画投稿アプリ「TikTok」を運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)がシンガポール拠点の拡充を進めている。このほど中心部にある高層ビルに3フロアを確保した。面積は合計で5500平米を超えるという。欧米やインドで事業展開が難しくなりつつあるなか、東南アジアの重要度が増している。10月15日、米ブルームバーグが報じた。