インドネシア各地で労働者や学生などによるデモが広がっている。10月5日、国会で可決された雇用創出関連法案について既得権層が反発し、さらに労働者の間では、自分たちの権利が傷つけられる恐れがあるとの懸念が広がった。6日から8日にかけて各地で起きたデモでは参加者と警察との間で衝突が生じており、逮捕者も多数出ているようだ。ジャカルタ・ポストやAPなど各紙が報じている。