ロイターの10月9日報道によれば、マレーシア航空の親会社マレーシア・アビエーション・グループ(MAG)はリース会社に対し書簡を送り、足元で進められている債務の再編協議が決裂した場合MAGの株主で政府系ファンドのカザナがMAGに対する支援を打ち切るため、MAGは清算プロセスに入らざるを得ないと警告した。