世界銀行は7日、2021年までに1億5000万人が極度の貧困に陥ると警告した。タイムズ・オブ・インディアなどが報じている。新型コロナウイルスの感染拡大が影響しており、世銀は特に中所得国の政府に対応を求めている。