東南アジアのLCC(格安航空会社)大手、エアアジア・グループは5日、12月5日に日本の全路線を廃止すると発表した。事実上の撤退となる。新型コロナウイルスの終息時期が不透明な状況で、日本事業を継続することが困難になったと説明している。エアアジアX など他のグループ各社の日本路線への影響はないという。