インドの大手財閥タタ・グループの持ち株会社タタ・サンズは、傘下の印航空会社、エアアジア・インディアを完全子会化することを検討している。エアアジア・グループが保有する41%の株式を買い取る計画だ。エアアジア・インディアを買収することで、民営化を模索しているナショナル・フラッグ、エア・インディアへの出資の道も拓けるという。タイムズ・オブ・インディアが5日報じた。