タイ政府は中国人観光客の減少に直面する旅行市場に対し、補助金を投入してテコ入れを図っている。バンコク・ポストの9月30日報道によれば、政府はその申請期限を今秋から年度末まで拡大し、支援を続ける考えを明らかにした。旅行業はタイ経済を支える柱の一つで、近年では急増する中国人観光客への依存度が高まっていた。