アジア開発銀行(ADB)は25日、2019年のアジア新興国の経済見通しを下方修正し、5.4%になる見通しだと発表した。7月の予想を0.3ポイント引き下げた。米中貿易摩擦の激化により各国の輸出が想定以上に伸び悩んでおり、加えて香港における政情不安や半導体市場の調整局面入りも成長の足を引っ張ると見ている。