ベトナムの新興航空会社、バンブー・エアウェイズは2020年にも株式を新規上場し、約1億ドルを調達する計画だ。24日、バンコク・ポストが報じた。ベトナムでは中間層の拡大にともない旅客市場も伸びており、バンブーは運用する航空機の数を足元の10機から30機に増やして市場拡大に対応する。米国への直行便を就航させる計画もあり、上場により事業拡大に弾みをつける。