マレーシア政府は米中貿易摩擦を背景に中国から生産拠点を移すことを模索している企業に対し、通常よりも早く同国に対する投資を承認する取り組みを始めた。既に今月に入り5億ドル以上の投資申請を承認した。17日バンコク・ポストが報じた。中国から拠点を移す企業に対してはタイも優遇策を発表しており、東南アジア諸国間での誘致合戦が激化しそうだ。