オーストラリアの競争・消費者委員会(ACCC)は9月13日、豪航空大手のカンタス航空と日本航空(JAL)が申請していた共同事業について認可することを拒否した。競争環境を阻害することを懸念した。13日、ロイターなどが報じた。カンタスとJALは運賃やフライトスケジュールを調整することを目的に共同事業を展開することを計画していた。