シンガポール伊勢丹が同国で展開する商業施設「ウィスアマアトリア」に対し、マレーシアの複合企業YTLコーポレーション傘下のスターヒル・グローバル・リート(SGReit)が関心を示している。SGReitは約74%のウィスアマアトリア株を保有しており、残りをシンガポール伊勢丹が持つ。ストレーツ・タイムズによれば、この伊勢丹持ち分の追加取得について、SGReitが関心表明(EOI)を送っており、シンガポール伊勢丹が現在これをレビューしている。