米自動車大手フォード・モーターがインドでの自動車生産を打ち切る。9月9日、エコノミック・タイムズなど各紙が報じた。同国西部の組立工場は今年中に、南部にある車両とエンジン製造工場は来年6月までに稼働を停止する。影響を受ける従業員の数は4000人に上る。ビジネス・スタンダードの報道によれば、安価な自動車が中心を占めるインド市場でフォードは苦戦が続いていたという。