インド自動車工業会が9日発表した8月の新車販売台数は前年同月比33%減少した。タイムズ・オブ・インディアによれば、1990年代後半以来、最悪の減少幅という。政府はガソリン車の登録費引き下げなどテコ入れ策を打ち出すが効果は上がっていない。不良債権問題に端を発するインドの金融不全が影響していると見られる。