シンガポールの景気見通しが悪化している。ストレーツ・タイムズの報道によれば、23人のエコノミストやアナリストの見方を総合すると、今年のGDP(国内総生産)成長率は今年6月の従来予想(2.1%)を大きく下回り、0.6%まで落ち込む見通しだ。世界経済に不透明感が高まっていることが強く影響している。