ブルームバーグの5日報道によれば、インドネシアを拠点とするライドシェア・配車サービス大手のゴジェックが新たに20〜25億ドル規模の資金調達を実施し、これをフードデリバリーやモバイル決済の拡大に充てる計画を進めている。東南アジアの2大ライドシェア企業として知られる同社とグラブは足元でサービスの幅を拡大させており、決済とフードデリバリー分野が両者シェア争いの主戦場となりつつある。