電池大手のGSユアサとタイ自動車組立大手サイアム・モーターグループのグループ会社、サイアムGSバッテリーはこのほどミャンマーのヤンゴン近郊にあるティラワ経済特区で新工場を稼働させた。自動車向け、家庭向けバッテリーをタイから輸入し、充電して流通させる。2日、バンコク・ポストが報じた。ミャンマーでは自動車向け、家庭向け双方でバッテーリー市場の急拡大が見込めるという。