印中関係の悪化を背景に、中国のネット大手アリババ集団はインドへの投資を少なくとも半年は見合わせる。ロイターが8月26日、関係者の話として報じた。アリババグループは2015年から20億ドル以上を投じてインド企業に投資してきた。投資先企業にはPaytmやZomato,Big Basketなど有力スタートアップが並ぶ。