三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下のタイ銀大手、アユタヤ銀行は8月25日、ベトナムの消費者ローン大手SHバンクファイナンスを買収すると発表した。ロイターによれば買収金額は51億バーツ(約170億円)。経済成長に伴い、ベトナムの消費者金融市場の拡大が見込まれていることが背景。三井住友フィナンシャルグループも4月、ベトナムの消費者ローン最大手に出資すると発表している。