オーストラリアの航空最大手カンタス航空は地上業務に当たる従業員2400人を新たに解雇することを決めた。4月からの累計解雇者数は8500人と全従業員の3分の1に迫っている。新型コロナウイルス感染拡大が背景。豪州第2位の航空会社バージン・オーストラリアは既に破綻に追い込まれている。8月25日、シドニー・モーニング・ヘラルドなどが報じた。